特徴と技術FEATURES AND TECHNOLOGY

部品加工でこんなお悩みはありませんか?

三陽アキュラシーはメーカーが使用する機械部品を製作する会社です。
こちらでは、当社の複合旋盤加工 研削加工 円筒研削などの精密加工技術を
活かして製作した部品がどのような業界で使われているのかをご紹介します。

?

ロボット業界の特徴と当社の技術

【ロボット業界の特徴】
三陽アキュラシーでは、ロボット向けの複合旋盤加工や研削加工 円筒研削などの精密加工品の取り扱いも行っております。
ロボット向けのの複合旋盤加工や研削加工 円筒研削などの精密加工品の中には、「生産現場等で使用される溶接ロボット・組立ロボット・搬送ロボットなどの産業用ロボット」と「人体に装着する電動アクチュエーターなどの動力を用いた外骨格型や衣服型の装置であるパワードスーツ」があります。
三陽アキュラシーでは産業用ロボットとパワードスーツどちらの部品も製作しております。ロボット部品は軽量化・コンパクト化・強度において高い水準を満たす必要があり、しばしば設計通りにはどうしても加工ができないこともあります。その際は、設計者や開発者に必要な機能やコストをお聞きした上でVA・VE提案を実施し、条件を満たす部品を製作しています。
ロボット向けの複合旋盤加工や研削加工 円筒研削などの精密加工品は三陽アキュラシーまでご相談ください。

真空ポンプ・精密流体ポンプ業界の特徴と当社の技術

【真空ポンプ・精密流体ポンプ業界の特徴】
三陽アキュラシーでは、真空ポンプ・精密流体ポンプ向けの複合旋盤加工や研削加工 円筒研削などの精密加工品の取り扱いも行っております。真空ポンプ・精密流体ポンプの駆動系の精密軸、ならびに真空機器の10万回転/分に回る軸の研削加工等が主力で、ステンレスのロストワックス精密鋳造調達後、複合精密加工を行います。加工品の厚さが薄肉の場合にはチャッキング圧力の加減が難しく、熟練した技術が必要となります。また、真空ポンプ・精密流体ポンプ向けの複合旋盤加工や研削加工 円筒研削などの精密加工品は形状が複雑な場合が多く、チャージが高い高価な工作機械が必要となるため加工コストが高くなります。そのため、三陽アキュラシーでは設計開発段階からのVA・VE提案を積極的に行い、設計変更や工法転換による加工時間の短縮ならびにチャージが安い工作機械で加工することで大幅なコストダウンを実現します。
真空ポンプ・精密流体ポンプ向けの複合旋盤加工や研削加工 円筒研削などの精密加工品は三陽アキュラシーまでご相談ください。

無段変速機・減速機業界の特徴と当社の技術

【無段変速機・減速機業界の特徴】
三陽アキュラシーでは、創業時より無段変速機・減速機向けの複合旋盤加工や研削加工 円筒研削などの精密加工品の取り扱いを行っております。無段変速機・減速機のトラクションドライブ構造で高精度・ノイズレスを可能とするミクロン単位での研削加工を得意としております。
また、無段変速機・減速機向けの複合旋盤加工や研削加工 円筒研削などの精密加工品は、軽量化によりノイズの問題や低燃費を実現するため、焼結材やアルミ材のほか難削材や特殊鋼など幅広い材質の加工も行っております。
無段変速機・減速機向けの複合旋盤加工や研削加工 円筒研削などの精密加工品は三陽アキュラシーまでご相談ください。

航空機業界の特徴と当社の技術

【航空機業界の特徴】
三陽アキュラシーでは、航空機向けの複合旋盤加工や研削加工 円筒研削などの精密加工品の取り扱いも行っております。航空機向けの複合旋盤加工や研削加工 円筒研削などの精密加工品は、各加工品ひとつひとつに厳しい検査項目が数百もあり全てをクリアしなければ出荷は許されません。また、航空機部品の中には非常に高温な環境下で使用されるものもあるため、耐熱性が高いSUS、アルミ、チタン、インコネル、ハステロイといった耐熱特殊合金を使用します。このような耐熱特殊合金は熱伝導率が悪く、局所的に発熱して工具寿命が短くなるため加工するためには熟練した技術が必要となります。
そのため、三陽アキュラシーでは最適な刃物形状と切削条件の選定、さらには設計開発段階からのVA・VE提案を積極的に行い工法転換によって製作とコストダウンを両立して実現します。

工作機械業界の特徴と当社の技術

【工作機械業界の特徴】
三陽アキュラシーでは、工作機械向けの複合旋盤加工や研削加工 円筒研削などの精密加工品の取り扱いも行っております。工作機械向けの複合旋盤加工や研削加工 円筒研削などの精密加工品の中でも、特に精度が求められるスピンドル部品の製作実績が多数あります。スピンドルが長時間、かつ高速回転域で安定して性能を発揮するためには、高い剛性と精度が必要となります。
三陽アキュラシーでは剛性を高めるためSCM415やSCM420の浸炭焼入品を中心として、SUJ2やSCM435、SNCM439などの材質を使用して焼入れ後の研削加工を行います。また、精度に関しては熟練した精密切削・研削加工技術を用いて、寸法精度、真円度、円筒度、同軸度に対して0.002mm(2μm)以下の精度を実現します。
工作機械向けの複合旋盤加工や研削加工 円筒研削などの精密加工品は三陽アキュラシーまでご相談ください。

食品製造機械業界の特徴と当社の技術

【食品製造機械業界の特徴】
三陽アキュラシーでは、食品製造機械向けの複合旋盤加工や研削加工 円筒研削などの精密加工品の取り扱いも行っております。食品製造機械向けの複合旋盤加工や研削加工、円筒研削などの精密加工品は、強度やサニタリー性を重視しステンレスを中心とした金属が多用されています。また、ネジの脱落や部品の一部破損など食品製造機械のメンテナンスや管理の不足により混入が発生しやすいため、金属異物混入を防止する機能を部品や機械に付加することが重要となります。三陽アキュラシーでは、お客様との共同開発やVA・VE提案により機械や部品の部品点数や溶接箇所を少なくして強度、サニタリー性、金属異物混入防止機能を付加し、お客様の商品開発力の向上に貢献します。また、設計・加工・組立・検査まで一貫して対応できる体制を構築しています。
食品製造機械向けの複合旋盤加工や研削加工 円筒研削などの精密加工品は三陽アキュラシーまでご相談ください。

お見積り請求フォーム

お見積りの依頼はTEL.FAX.メール

TEL: 06-6466-3400

FAX: 06-6466-3402

メールでのお問い合わせ(担当:村上)

page_top